令和2年分の確定申告で65万円の青色控除を受けるためには?

令和2年分の確定申告で65万円の青色控除を受けるためには?コラム

こんにちは。アントレプレナーサポーターズの君嶋です。

昨年に引き続き、確定申告の期限が1ヶ月延長になり、少し余裕があるはずなのですがやはり確定申告時期は大忙しです。

早めに書類をいただける方と、期限ギリギリに持ってくる方、1ヶ月延長になってもそのあたりは変わらないので、やはり申告期限1ヶ月前からが確定申告本番な印象です。

さて、今回は令和2年分の確定申告から変わる点についてお話したいと思います。

青色申告特別控除が10万円・55万円・65万円の3段階に

青色申告のメリットの一つとして、青色申告特別控除という特典があります。

これは青色申告者であれば、最高65万円または10万円を所得から控除することができるという制度になっています。

まず、税務署へ青色申告の届出をすることで、10万円の控除を受けることができます。

更に、複式簿記によって記帳を行い、申告書に貸借対照表損益計算書を添付することによって55万円の控除を受けることができます。

(※青色申告特別控除を受けるためには、申告期限内に申告書を提出するなど他にも一定の条件を満たす必要があります。)

この55万円の控除ですが、昨年までは控除額が65万円だったものが、令和2年の確定申告から10万円下がり55万円になっています。

では、昨年までと同じく65万円の控除を受けるためにはどうしたらよいのでしょうか?

昨年までと同じく65万円の控除を受けるためには、今までの65万円控除の要件に加えて、e-Taxによる電子申告を行うことが必要になります。

(※電子帳簿保存によっても65万円の控除を受けることができます。)

青色申告特別控除は10万円・55万円・65万円の3段階に

・今までの65万円の青色申告特別控除→令和2年から55万円へ

・上記に加えてe-Taxでの電子申告を行う→65万円控除

・上記以外の方→10万円控除

今まで65万円控除を受けていた方でも、e-Taxを利用していない場合は令和2年分の申告から控除額が55万円になってしまいます。

今まで通り65万円の控除を受けたい場合は、e-Taxでの申告が必須になります。

税務署のパソコンからの申告はe-Taxではないので、55万円の控除になってしまうそうです。

e-Taxで電子申告するには、マイナンバーカードマイナンバーカードを読み取る機器(カードリーダーか対応のスマートフォン)が必要になります。

通知カードのままでマイナンバーカードを作っていなかったりすると、マイナンバーカードの発行に時間がかかり、確定申告の期限に間に合わなくなる恐れもあります。

早め早めの対応で、お得な制度は全て活用していきましょう!

タイトルとURLをコピーしました